Q&A

Q?妊娠中にカラーはだめですか?
A.

女性は特に気になりますよね。妊娠や生理の時はホルモンの変化などあるので、体調が不安定になります。妊娠前に平気だった刺激に敏感になったり、パーマのかかり具合、カラーの染まり方が悪いなど仕上がりに変化が生じる事があります。なのでこういった時期のカラーやパーマは避けたほうがよいです。これは妊娠中だけでなく生理前の一週間から生理中にかけても同様です。

Q?美容室に行っても自分の思い通りの髪型になりません。
A.

口頭だけでイメージを伝えても、互いにイメージが食い違うこともあります。ヘアスタイルや雑誌などの切抜きをお持ちいただければ、具体的になります。

Q?部分的に縮毛矯正はかけられますか?
A.

かけられます。前髪部分だけとか襟足だけとか気になるところだけに部分的にかけることが出来ます。詳しくは担当スタッフにご相談下さい。

Q?スタッフさんは何人いますか?
A.

当店のスタッフは男性スタッフが1名、女性スタッフが3名の計4名が働いております。当店スタッフについての詳細な情報はこちらからご覧になれます。

Q?予約は必要ですか?
A.

当店では予約優先制 をとっております。営業時間中は大変込み合うことが予想されます。
ご予約がない場合は、ご案内の時間を確約できませんので、あらかじめご予約されてからご来店されることを
強くお勧め致します。又、予め込み合っている場合、ご予約をお断りする場合もありますのでご了承下さい。
ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ

Q?営業時間は何時から何時までですか?
A.

当店の営業時間はAM10:00〜PM8:00までとなっております。

Q?正しいシャンプ-やトリ-トメントの仕方どういうやり方ですか?
A.

1日1回のシャンプ-で、1度洗いでもいいのですが、当然、個人差があります。
 体質的に脂性の方・多汗症の方、また仕事やスポ-ツあるいは夏場などで汗をたくさんかいた時は、頭皮・髪の毛ともに通常よりもたくさん汚れています。従って、標準よりもシャンプ-の回数を多くして、1回で2度洗いをお奨めします。また汚れの度合いによっては、一回当りのシャンプーの使用量を増やしてください。
 また、育毛のためには本来、頭皮を保護する意味で残しておきたい「潤いの成分」まで、シャンプ-によって洗い流してしまいます。この「潤いの成分」を残そうとすると逆に汚れをも頭皮と髪の毛に残してしまうことなります。従って、頭皮の汚れ、特に余分な皮脂をきれいに取り除くには、「潤いの成分」をも洗い流さざるを得ないのです。しかし、心配はいりません。この「潤いの成分」を頭皮と髪の毛に補うものが、トリ-トメントなのです。

 髪の毛だけでなく頭皮全体にまでトリ-トメント剤がよく行き渡るよう、指の腹でマッサ-ジしながら地肌によく擦り込んでください。
 また、育毛剤をご使用の場合は、シャンプ-とトリ-トメントの後、それらをきれいに洗い流した上で、頭皮を適度(7割~8割程度)に乾燥させてから、塗布された方が、毛穴からの吸収浸透率を高めることができ効果的です。

Q?どのくらいのペースで髪を切るのが理想ですか?
A.

スタイルを良い状態でキープするには、長くて3ヶ月が限界と言えるでしょう。それ以上になると、毛量も増え、フォルムが変わってきて扱いづらくなってしまいます。切るペースでいうと2ヶ月前後が良いかと思います。

Q?カラーはどのくらいのペースで行くのが理想ですか?
A.

約1ヶ月半位で根元が伸びてきます。また、毛先も退色し始め、だんだんと明るくなってきます。目安としては1ヶ月半~2ヶ月ぐらいで行うのが理想だと思います。

Q?市販のカラーは害があると聞きますが、美容院のヘアーカラーは大丈夫ですか?
A.

市販のカラー剤に含まれるアルカリ剤が頭皮に付着することによって、頭皮がかぶれる恐れがあります。 なぜかと言うと、自分にあっているかどうかなんてわからないと言うこ とと、アルカリ剤[オキシ]が強すぎると言うこと。その点、美容院でのカラー剤はその人にあったカラー剤を作る事、オキシの組み合わせが可能であると言う事、カラーをする前にパッチテストを行い反応を見る事ができます。

Q?一般に売っているシャンプーとかリンスは安いのですが美容院のシャンプーはなぜ高いのでしょうか?
A.

一般に売られている市販のシャンプー剤は主にお客様が買われる視点を重視して作られています。例えば、におい 手触り CM などがあげられますが、においに関しては、基本的に洗いあがってからもにおいが髪に残ってるというのはあまりよくありません。手触りに関しても、シャンプーが終わってからあまりにもツルツルしている手触りもあまりよくありません。CMに関しても美容師側からみさして頂きますと、過剰なCMが多いです。シャンプーの大前提は頭皮と毛髪を健康な状態で整え、その後に使うトリートメントをいかに髪の毛に吸収して修復するかなのです。ですから必要以上の香料 シリコン剤などは髪の毛に全く必要ありません。それが多ければ 多いほど髪の毛に補充しなければいけないアミノ酸やタンパク質の量が少なくせざるを得なくなりますので、コストも安い訳です。そのぶん、美容院で販売さして頂いてるシャンプーは髪の毛に必要な成分がたくさん含んでいますので、髪の修復も早くなるわけです。
よって多少お値段も高くなってしまうわけです。安すぎてしまうとそれだけで含まれている成分量も限定されてしまうのです。是非一度美容院のシャンプーを使ってみてください。